ポケットティッシュの配布があった!!

短い文章を心がけているので、KLネタまだまだあるんですけど、飽きてきたのでとりあえず今日の驚きネタを。
ポケットティッシュって日本では外でもらうものという感覚多し。
外国ではそんな配布はないので買うものである。
シンガポールはトイレもきれいだしトイレのためにポケットティシュの用意は必要ないけれども、ホーカーのためには用意しておいた方がいいし、一歩外に出てマレーシアに入った日にはトイレに紙がない、便座がない!!なんていうのは日常なので、まぁティッシュは必需品。
シンガポールで老人や体の不自由な人などが、ホーカーや道端でティッシュを売って、小銭を稼いだりしているのを時々見かけます。
それで本題はというと、ポケットティッシュを配っているのを初めて見たので、もらってきました。
ほーすごいな、外国でもティッシュの配布ってあるんだ。
人に親切にされたらありがとうって言おうね、キャンペーンをやっていて、ある日オーチャードでガーベラの花と、バッジが配られてた。
女子高生に差し出され、受け取ろうとして一瞬躊躇した。
ただより高いものはなし・・・
フリーだからって言われました。ありがたくいただきました。
確かにそのキャンペーンはバス広告とかもしてた。(道徳教育キャンペーンだね)
その時も粗品をくれるキャンペーンがあるんだなと驚いたのだけど・・・
今回はもっともっと驚いた。
でも陰りは見え始めているとはいえ、バブリーなシンガポール。
ティッシュで広告を打つっていう手法はまねできるよね。
あっという間になくなってたけど、また出会えるかしらん?
ティッシュを開くと定期入れみたいにポケットになっていて、両側にティッシュが入ってました。
記念写真(笑)iPAD2が当たるっていうのはどこもかしこもやってるな、しょっちゅう見かける・・・
シンガポールで電車を利用したり、街を歩いたりするといろんな発見があっておもしろい。
考えてみればジャカルタではアパートの玄関から車に乗り、モールの玄関に乗りつけるわけで、ローカルの暮らしはほどんど知ることがないんだものね。
渋滞が多いから街中を眺める時間は多いし、新聞売りやらあらゆるものが道路(道端でなく、渋滞の間をぬって売りに来る)で売られて車の中から買えるのもそれはそれでおもしろいんだけどね。
まだまだいろんな発見がありそうだ。
 

コメントを残す