UFO PEACH DONUT

20140609-224142-81702794.jpg20140609-224144-81704316.jpg
潰れた桃、まさにそんな形のフルーツが売られています。美味しいよ、との事で試して見ることに。
UFO PEACH DONUT、トルコからやってきたようです。
こちらのものは、直径5センチ位かな、プラムを潰したくらい。350グラムで、特価品1FOR1で、1個4ドル、定価だと8ドルという、高級食材。

チョンバルマーケットのフルーツ屋で、これの大きめのもの、小ぶりのリンゴを潰したくらい、直径7センチ位のものの価格を聞いたら、ナント4.5ドル、もちろんひとつのお値段。うーむと唸ってたら、とーっても甘いのよってダメおしされたけど、高すぎて買えず、そして上記をお買い上げ。

お味は確かに桃の味、桃の味って繊細だし、たしかに美味しいが、日本の高級な桃には遠く及ばず。
日本の1個100円以下で買える桃の味、やっぱり日本のフルーツは世界一ねと、しみじみ思う。
季節ものだから今だけなのかも、今だけといえばライチもね、これもジューシーでおいしいです。


桃といえば思い出すのが、
かれこれ10年以上前、ジャカルタから日本に一時帰国の際に、ガルーダのビジネスクラスを取ったことがある、いや、キャンペーン価格でやすかったのよね。
それで、ラウンジで飛行機を待ってた時に(ラウンジはビジネスクラスに乗らなくても、カードメンバーで入れたのだけども)デビ夫人が登場したわけ、お一人だったのだけど、座るとおもむろに桃(日本の桃のように見えた、当時、ジャカルタで桃のようなフルーツって見かけなかったと思うし)を取り出して、それを食べ始めたんだよね、どうやって食べていたのかは覚えていないのだけど、何で桃?って衝撃を受けた覚えがある。

そして、登場後ビジネスクラスの席も通路を挟んで隣同士で、ちょっと緊張した。
懐かしい話です、JALでなく、ガルーダにも乗るのねとちょっと驚きました。
ガルーダのビジネスクラスはおすすめはしませんけどね。

コメントを残す